歌手になる夢をかなえよう|子役ブームの影響でキッズモデルが大人気|次世代スターを狙うコツ
ウーマン

子役ブームの影響でキッズモデルが大人気|次世代スターを狙うコツ

歌手になる夢をかなえよう

女性たち

自分磨きをする

プロの歌手になるには、ボイストレーニングを受けたり、ボーカルスクールに通ったりして、自分の歌唱力や表現力を磨かなくてはなりません。このとき気を付けなければいけないのは、他人の歌い方をまねたり、プロならこう歌わなければならないといった型に自分をはめたりしないことです。大事なことは、自分のボーカルが持っている潜在的な魅力を表に出せるようにすることです。ある程度歌で自分を表現できるようになったら、今度はライブなどで知らない人の前で歌うことに挑戦しましょう。こうすることによって、自分では気が付かない意見や感想を聞くことができ、客観的に自分の歌をとらえることができます。このような経験は、オーディションの際の選曲に役に立ちます。

自分のやりたいことを知る

ボーカルオーディションにはプロダクションやレコード会社が主催するもの、テレビの企画などさまざまなものがあります。なんでもいいから受けてみるのではなく、各々のオーディションの特性を事前に見極めておくことが重要です。歌手としての個性を尊重してほしいと考えている人には、総合的な人間性を審査してくれるプロダクション主催のオーディションをおすすめします。テレビ番組が関わる企画もののオーディションは、それを視聴する人が多い分、合格すると一気にスターダムに駆け上がることが可能です。しかし、着実に歌手としての基盤を固めていこうと考えている人には向いていません。以上述べたように、自分が何をしたいのかをはっきり自覚することが、ボーカルオーディションを選ぶ上で重要になります。